結婚への心構え・結婚問題・嫁姑問題・夫婦 結婚生活のあり方

結婚生活その愛と苦しみ


サイト案内 | 結婚への心構え 1 /  | 結婚問題 1 /  | 嫁姑問題 | 結婚生活 1 /  /  /  | リンク
Counter

結婚への心構え

結婚問題

嫁姑問題

結婚生活 1

結婚生活 2

結婚生活 3

結婚生活 4

結婚への心構え1
結婚への心構え2
結婚問題1
結婚問題2
嫁姑問題
結婚生活 1
結婚生活 2
結婚生活 3
結婚生活 4

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • 結婚生活内を検索


姉妹サイト

話し方といい会話講座
スピーチ 作成法と実例集
人間関係 悩み苦しみそして悦び
あがり症からの解放
女性 魅力的な人たち
人生 こころ 学びの場
笑いのネタさがし

相互リンクについて

Site MapGoogle Sitemaps用XML自動生成ツール



自殺防止イエローページ
自殺防止イエローページに登録されています







夫婦・嫁姑という結婚問題のあり方

結婚生活をしっかり構築するためには、結婚における人間関係のあり方についてどう考え、どう捉えるかということがとても大切です。
ここを間違えますとつらく悲惨な人生をおくることになります。
自分の心のあり方ひとつで状況や局面は変わります。あなたの結婚生活や結婚問題へのよきアドバイスとなりますように!

Profile

● 川上一郎
● 埼玉県在住
サイト内の検索にご利用ください
カスタム検索
ブックマークに登録Yahoo!ブックマークに登録グーグルブックマークに追加はてなブックマークに登録Livedoorクリップに登録

結婚への心構え1

【1】 男と女の理解の仕方・その違い
結婚生活への心構えとして、男と女の心の傷つきやすい部分は違うということをはっきりと理解しておく必要があります。
【2】 結婚のもたらす影響
結婚は一人の男と一人の女の人間関係ですむ事柄ではありません。
【3】 夫婦のいさかいは些細なことから
結婚となると二人以外の人間関係や社会関係が入り込み、きびしい現実が待っています。結婚への心構えが大切です。
【4】 結婚は人生の逃げ場ではない
結婚生活がうまくいかないという中には、結婚生活に入る時に現状の生活から逃げ出したいために結婚を選んだということが原因である場合があります。
【5】 妻として女性として
結婚生活を始めるにあたって大切なのは結婚への心構えです。ただ相手が好きだから、あの人を自分だけのものにしたいから結婚するというのでは、調和を得た永続的な結婚生活は無理です。
【6】 健全な結婚生活への心構え
結婚への心構えとして、結婚生活に安住し、惰性に流されない生き方を心がけることが大切です。
【7】 自分優先を捨てる
結婚生活が深まるにつれて、相手のためになることを心がけ、二人にとって必要なことを最優先にする生活にしていくことが求められます。
【8】 結婚で失われるもの
結婚生活に大切なのは、二人の独立性です。相手に束縛されない自分だけの時間を持つことは、結婚生活にとってきわめて大切なことのように思われます。
【9】 女性が失ってはならないもの
結婚生活や家庭でとても大切な役目を果たすのは女性のしなやかさです。・・・これを自己開示メッセージと言います。結婚への大切な心構えです。
【10】 愛が苦しみに変わるとき
結婚生活は人間関係の先端でもありますから、さまざまな姿を現します。ただ流されるだけですと苦しみを抱え込むことになります。・・・これも大切な結婚への心構えです。

結婚への心構え2

【11】 結婚とは何か
【12】 誤った節約は幸せを奪う

結婚問題1

【1】 互いに苦しめ合っている夫婦
夫婦が互いに苦しめ合っている結婚生活があります。そうした苦しめ合いの結婚生活から解放されるためには・・・
【2】 火花のない喧嘩
結婚生活の不平不満を内に貯めていませんか。この鬱積した心が夫婦の危機をつくり、結婚問題や家庭に問題をつくります。
【3】 冷たい夫婦関係の問題点
結婚以来ん十年もあまり口もきかないような、冷たい結婚生活になってしまっている人たちがいます。こうした結婚問題は・・・
【4】 夫婦不調和の種
結婚生活でもなかなかそのままの夫、あるいは妻で満足がいかず「もっとこういう夫【妻】であって欲しい」という思いが出てきます。
【5】 妻からみた夫の二重性
恋人時代には盛んにやさしい言葉やあまい言葉をささやいていた男性も、どうしてか結婚生活になじんでくると・・・
【6】 結婚 その不一致
結婚生活において私たちはとても大切なことを知っておかねばなりません。それはどんなに愛し合っている夫婦であっても・・・
【7】 夫婦の危機
結婚生活においては幾たびかの危機がおとずれます。その結婚問題にどう対処するかということが、二人の将来を決定づけていきます。
【8】 夫婦の間の虚しさ
結婚生活には、葛藤や不平不満の思いが起こりますが、夫婦の間でそれらの感情をぶつけたり、話し合ったりすることを避けてきますと・・・
【9】 結婚問題 暴力
結婚問題の大きなテーマとして夫の暴力があります。何かのはずみでカッとなって暴力をふるう夫を持つ女性は、人知れぬ葛藤に苦しみます。
【10】 妻をなじる夫
夫の中には、時として自分の無力さを感じる苦痛から気をそらすために、妻を非難し怒る人がいます。結婚問題の重要なテーマです。
結婚生活においては幾たびかの危機がおとずれます。・・・・夫婦の危機はそのチャンスでもあるのです。結婚問題から逃げようとするのではなく、正面から向き合えば、それはいっそう二人の愛を育み、二人の魂を育ててくれるチャンスになります。   夫婦の危機 より

結婚問題 2

【11】 夫婦のいがみ合い
【12】 正しさを押し付ける人

嫁姑問題

【1】 嫁姑の問題
嫁姑の人間関係は容易ではありません。誰にでもつとまりません。そこへ嫁ぐ人は、それだけ優れた人でもあります。
【2】 舅姑の面倒をみることの意義
結婚生活のなかでも嫁が義理の親の老後の面倒を看るということは、そこに大きな心の働きと努力が要求されます。
【3】 嫁姑問題で最も大切なこと
嫁姑の間柄は特殊な人間関係です。いい親子関係が作れれば、充実した心強い結婚生活になりますが、不調和が生じた場合、この親子関係が結婚生活に暗い影をおとします。
【4】 嫁姑問題の修羅場
結婚生活の最大の修羅場は、晩年に現われます。嫁にとっては人生の正念場です。この時の生き方で、女性としての、人としての価値が決まります。晩年の舅姑を世話するということは、それまでの嫁姑問題とは違ってきます。
【5】 もう一つの嫁姑問題
嫁と舅姑との間にはさまざまな問題が横たわります。その中の一つに嫁だけに世話をおしつけて、関わろうとしない実の娘や当事者たちとの葛藤があります。嫁姑の問題だけでも大変なのに・・・
この嫁姑の問題には夫の果たす役割がとても大切だということが言えます。
夫は母のことはよく知っているつもりですから、妻より母の方をより理解します。妻にとって一番つらいところです。   嫁姑の問題 より

結婚生活 1

【1】 女性のつらさ "2つのパターン"
家庭における女性の立場はむずかしく、とても大切です。結婚生活における女性のつらさを2つのタイプに別けて考察しています。
【2】 結婚 ある例
幸福な結婚をする人は、自分で正しい選択をし、不幸な結婚をする人は、やはり無意識的にしろ自分で不幸な選択をした結果なのです。
【3】 多くの夫は妻の外出を喜ばない・何故か
こうした束縛を感じる結婚生活にはさぞ窮屈な感じがあるのではないかと思います。女性にとっては結婚生活への不満やつらさの部分ですね。
【4】 離婚の危機を迎えないために
離婚の危機を迎えないために大切なことがあります。往々にして結婚する前と結婚した後では、二人の人間関係に何かが違うと感じる場合があります。
【5】 幸せな家庭を築く女性のあり方
結婚生活にとって、第一に考えるべきことは・・・
【6】 夫婦の心は奥深く関連し合っています
夫婦の心は一体です。自分の心が変わったときに相手が変わります。
【7】 過去の恋人への追憶のもたらすもの
結婚生活がうまくいかない時など昔の恋人が懐かしく思い出されたりします。が・・・
【8】 女性の魅力は優しさ、やわらかさ
結婚生活のなかで女性にこの押してくる硬さがあると、夫婦の人間関係がぎくしゃくしてきます。
【9】 夫婦仲が悪化する原因
結婚生活がしだいにしっくりいかなくなる原因の一つは・・・
【10】 なぜ妻以外の女性を求めるのか
なぜ私たちにはこの抜き差しがたい欲情が、内側から催して来るのでしょうか。
よく夫婦は針と糸に例えられます。針と糸は別々の働きをするのですが、一つの目的を果たすために協力していきます。針と糸とは一体になっています。 夫婦という人間関係でも、互いに心が別々にならないで、一つの心になって生きていくことが、幸せな結婚生活を築くためには欠かせません。・・・・
幸せな家庭を築く女性のあり方 より
結婚生活がしだいにしっくりいかなくなる原因の一つは、相手をとがめるようになるからではないかと思います。結婚生活も落ち着き、お互いに遠慮のいらない人間関係が出来上がってきますと、相手の欠点が気になりだします。 夫婦は愛しあっていますし、遠慮のない間柄ですから相手を良くしたいという思いから、相手の欠点を言います。やさしい言い方ならまだしもとがめる口調で言ったりします。これが人を一番不愉快にさせる元です。・・・・夫婦仲が悪化する原因 より
,

結婚生活 2

【11】 女性と女体の違い
【12】 女性は大地です
【13】 結婚で幸福になれない女性
【14】 なぜ恋が成立するか
【15】 夫を過酷に非難することは禁物
【16】 女性なるもの
【17】 結婚 その愛のゆくえ
【18】 性の悦び・不感症
【19】 女性にとって大切な独立性
【20】 結婚生活に大切な所属性
とくに不感症の問題など、現われの結果だけを見て「私は不感症だ」とか「お前は不感症だ」とか決め付けることは、絶対してはいけないことと言えます。
不感症になる、(正確には不感症だと思い込んでいる)原因は千差万別あるのでしょうが、ここに不感症になるパターンをいくつか挙げてみます。性の悦び・不感症 より
,

結婚生活 3

【21】 愛の二層構造
【22】 なぜ浮気をするのか
【23】 愛のない結婚生活
【24】 結婚生活における二つの居場所
【25】 夫婦は補完の結びつき
【26】 「普通の愛」と「意識的な愛」
【27】 理想の人がベストではない
【28】 夫婦の絆
【29】 ゆるぎない妻として母として
【30】 ミラーリング(自分を映す鏡)
ある女性の方ですが、その結婚生活はあまり恵まれたものではありませんでした。夫との心理的な葛藤や不調和な生活で結婚生活も限界に来ていました。そのため夫が癌に侵され余命いくばくもない状態になっても夫を慈しむ気にはなれないようでした。・・・   愛の二層構造 より
,

結婚生活 4

【31】 内なる結婚
【32】 結婚生活 悩み1 (なぜ夫と妻で苦しむのか)
【33】 結婚生活 悩み2 (潔癖な性)
【34】 愛とは意志にもとづく行為
【35】 老いた妻
【36】 愛は投資
結婚生活の悩みの一つに、夫婦の性生活が調和しないという問題があります。・・・夫婦と言えども、性行為のときには、悦びや感謝、親密さといった素敵な心情だけではありません。屈辱、忍耐、犠牲、義務、嫌悪感、強要といった複雑な心理が入り混じっている場合も少なくありません。そこに性生活の悩みが現われます。・・・ 結婚生活 悩み2 (潔癖な性) より
結婚とは何か
  結婚相手がただただ優しくて、自分にとって都合のいい相手を選んだ場合を考えてみましょう。相手は羊のごとく従順で、自分に逆らうこともない性格の人ですと、確かに結婚生活にはあまり波風は立たないでしょう。果たしてそうした結婚生活に本当の安らぎと満たされた幸福感が生まれるのでしょうか。


人の本来の性質はそれでは満足しないようになっているように思えます。結婚生活には目先の安らぎだけでは満たされない、例えつらく困難が伴っても二人で築きあげ、創り上げてこそ満たされる部分を併せ持っています。


なぜ人は特定のパートナーを選び、特定のパートナーだけに心が惹かれるのでしょうか。それはその人と深く関わりを持ち、その人でなければならない必然性があることを意味しているのではないでしょうか。その人と結婚することによって、例えいさかいが絶えないとしても、そのことに何かの意味があると考えられます。


私たちは幼児から今日まで様々な経験をし、心の中に独自の問題をかかえこんでいます。例えば親から愛されなかった人は、「私は誰からも愛されないのだ」といった苦しくつらい思いを溜め込んでいます。 こうした根の深い意識は、結婚生活においても様々ないさかいや困難を引き起こしますが、また救われていくのも結婚生活を通してなのです。そして二人は困難や葛藤に向き合いながら成長へと向かっていき、内なる何かは、私たちを成熟させ自己拡大へと導きます


結婚相手は、自分の奥深くの心の響きに最もふさわしい相手を無意識的に選んでいるのです。必ずしも添いとげるべき結婚ばかりではありませんが、二人が争い傷つきながらも、お互いをかけがえのないパートナーだと、そして導き手だと認め合ったとき、二人は確実に進歩し助け合えるようになります。 ここに気がつかないと破壊が訪れかねません。

更新情報 : 2008/4/27 タイトル・デザイン変更

フラッシュ素材は夢幻華亭さんからお借りしました。

女性自然悠悠海の素材屋-フリー素材の無料配布-十五夜
カウンセリングルームと心理系・メンタル系サイトを探す検索エンジン(リンク集)【こころのWeb.com】Katogi Mariスピーチ その作り方と実践集

モバイル版友人関係 悩み朝礼のスピーチ


【page topへ】

Copyright (C) SEIWA Kawakami All Rights Reserved /2007 11 1
このホームページに記載された全てのコピー・転載を禁じます。